美術鑑賞を嗜む生き方 阿加井秀樹

はじめまして、阿加井秀樹と申します。趣味は美術鑑賞です。いただいた美術品が私にとって声も出ないほどの感動を与えました。その感動を皆さんにも伝えたいそんな気持ちでこのブログを書き記してまいります。

サンドロ・ボッティチェリ作品「柘榴の聖母」

 

みなさんこんにちは。阿加井秀樹です。

 

今回はイタリア、ルネサンスの画家サンドロ・ボッティチェリの絵画であるトンドとよばれる円形の板にテンペラで描かれた作品の柘榴の聖母を紹介していきます。

 

f:id:akai_hideki:20190121171927j:plain

 

なぜ、ざくろなのか気になった人は多くいるのではないでしょうか。ざくろ「キリストの復活」の象徴とされるそうです。

 

古代ギリシャ・ローマでは、プロセルピナ(春の女神)と結びつけられ世に春をもたらし、大地を復活させる女神である。これが「復活」と結びついたのでしょうか。

 

多くの種子を持ち、硬い皮に包まれていることから、権威の下での人々の結束の象徴でもあり、純潔の象徴ともされたそうです。ちなみにこの時代の神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世(1459-1519)は、柘榴を紋章としているというから驚きです。

 

f:id:akai_hideki:20190121172052j:plain

「マクシミリアン1世」の肖像画

 

この作品の特徴はざくろもありますが、中央に位置する聖母マリアの虚ろな表情にあります。抱きかかえている幼子のイエスの将来茨の道であることを既に知っているかのような憂いに満ちたこの表情はボッティチェリだったからこそ表現できたのではないでしょうか。

 

板に描かれたこの作品の大きさはなんと直径で140㎝以上もあるそうです。非常に大きな作品であり、この作品をとても繊細に描いています。先日紹介した祭壇画のような崇高的価値が高い作品だと思います。

 

ではまた。

阿加井秀樹

 

 

ジョヴァンニ・ベッリーニ作「サン・ジョゼッペ祭壇画」

 

みなさんこんにちは。阿加井秀樹です。

 

今回はジョヴァンニ・ベッリーニという画家の「サン・ジョゼッペ祭壇画」という作品についてみていこうと思います。

 

この作品は1487年に完成しました。ヴェネツィア派の大きな作品的特徴ともなった、極めて縦長に伸びている作品です。

 

f:id:akai_hideki:20190117160928j:plain

 

聖会話というのを主題にした本作は祭壇画の中でも代表的な作品といっても過言ではありません。中央の玉座に構える聖母子とその下の楽器を弾く子供、これは天使という見方が主流です。

 

全体的な構図としては遠近法が用いられております。それにより空間的楮の高い構図の中に深い精神性と内に秘めた感情までも表現された人物像が画面下部に配置されています。

 

それにより、作品全体に高度な安定感と祭壇画としての最大の目的である崇高的価値も示されています。祭壇画ということであるので描かれている人物は非常に有名な方が多くフランシスコ会創始者である聖フランチェスコにはじまり洗礼者ヨハネ旧約聖書ヨブ記に登場する聖ヨブなどが描かれており、右側にはドミニコ会の創設者聖ドミニクス、三世紀末の古代ローマの近衛兵で疫病に対する守護聖人である聖セバスティアヌスに続き、ナポリ国王ロベール・ダンジューの弟で1317年に聖人として認められた聖ルイの姿が描かれています。

 

 

ではまた。

阿加井秀樹

 

 

ルノワール作品『ぶらんこ』

 

みなさんこんにちは。阿加井秀樹です。

 

今回はわたくし、阿加井秀樹も好きな画家である巨匠ルノワールの作品について紹介していきます。

 

今回ご紹介する作品は『ぶらんこ』です。

 

f:id:akai_hideki:20190115182026j:plain

 

画家随一の代表作ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場』と同時期に描かれ、同作同様に印象派を代表する画家で友人だったギュスターヴ・カイユボットが、かつて所有していた本作は、当時ルノワールが借りていた家のぶらんこのある大きな庭園で過ごす人々を描いた作品で、主人公となるぶらんこに乗る女は『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場』にも登場する若き女優ジャンヌをモデルに描かれたと推測されています。

 

f:id:akai_hideki:20190115182123j:plain

ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場』

 

本作を良く見比べると確かに似ているようにも思います。画面全体を覆う大きめの斑点状のやや荒いタッチによる光の効果的な描写は、今でこそ理解され観る者を強く魅了するものの、当時は類の無い表現手法から酷い悪評に晒されたそうです。

 

当時、労働者階級にあった人々を描いた作品ですが、そこにあったであろう重々しく疲弊的な雰囲気はぶらんこの作品には一切感じられず、明るく愉快に過ごす人々の生や喜びを強く意識し描いたことは、ルノワールの絵画における信念や思想の表れでもあるのだと思います。

 

それではまた。

阿加井秀樹

 

 

アルフレッド・シスレー作品「ポール=マルリーの洪水」

 

みなさんこんにちは。阿加井秀樹です。

 

今回はアルフレッド・シスレーポール=マルリーの洪水という作品についてお話していきます。1876年のポール=マルリーを襲ったセーヌ川の氾濫をテーマとしたシスレーの代表作です。シスレーは、この年の洪水を描いた6点の絵画を残していいます。

 

f:id:akai_hideki:20190111133948j:plain

 

どんよりとした雲空の下、あたり一面を水が覆っている描写は画面全体が彩度の低い暗色系の色彩で包まれ、それは、災害用のボートに乗る人々の窮状と同調しています。

 

一方、建物の矩形と水平線が基調となった安定した構図が採用されており、洪水という惨劇を過度にドラマ化することを避け、冷静な目で描いています。

 

f:id:akai_hideki:20190111134324j:plain

 

普段見慣れた街の変貌した様子に寄せたシスレーの関心が前面に現われているかのようです。そんな日常にもある不安的要因として、予期しない出来事や外的要素によって、平穏な日常が破壊的に侵食され、変容してしまう姿を描いた本作であるものの、波立つ水面の筆触を感じさせる描写や、厚い雲間から射し込む陽光によって微妙に変化する色彩の自然的な表現は、観る者に強い印象を与えるだけでなく、王制の影響や痕跡が強く残るポール=マルリーの街の歴史を刻む記録画的な作品としての側面もあります。

 

 

ではまた。

阿加井秀樹

 

 

フランシスコ・デ・ゴヤについて

 

みなさんこんにちは。阿加井秀樹です。

 

最近フランシスコ・デ・ゴヤの作品について触れることが多かったので、実際にフランシスコ・デ・ゴヤという人物がどのような人物だったのか解説して行きます。

 

フランシスコ・デ・ゴヤは近代絵画のスペインの巨匠です。

 

f:id:akai_hideki:20190109134939j:plain

 

1780年にサン・フェルナンド王立美術アカデミーへの入会が認められ、王室や貴族の肖像画を描きます。写実的な作風がロココ美術に変わるものとして支持を受け、1786年国王付の画家、1786年、新国王になったばかりのカルロス4世の任命から宮廷画家となるが、1790年代に入ると不治の病にかかり聴覚を失います。

 

知識人との交流を経て、強い批判精神と観察力を会得します。また当時のスペインはフランス軍の侵入もあり、自由革命や独立闘争などの争いが絶えなかったという情勢もあり、その時期には『1808年5月3日、プリンシペ・ピオの丘での銃殺』や、住んでいた家の壁に描いた連作『黒い絵』など数々の名作を描きました。

 

デ・ゴヤは我が子を食らうサトゥルヌスのようなシリアスの絵画を描くこともできますし、全く正反対の非常に明るいデザインの爽やかな絵画を描くこともできます。

 

晩年のゴヤの作風は先ほどのような明るいデザインの爽やかな絵を多く残しました。

 

f:id:akai_hideki:20190109135212j:plain

 

ではまた。

阿加井秀樹

 

 

フランシスコ・デ・ゴヤ作品「着衣のマハ」

 

みなさんこんにちは。阿加井秀樹です。

 

今回は「我が子を食らうサトゥルヌス」を描いた近代絵画の創始者フランシスコ・デ・ゴヤが手がけた数多くの作品の中でも最も有名な作品のひとつ「着衣のマハ」についてお話していきたいと思います。

 

f:id:akai_hideki:20190108120323j:plain

※「我が子を食らうサトゥルヌス」

 

「着衣のマハ」は、画家が女性を描いた作品で、裸のマハを制作した翌年以降に手がけられたと推測されています。

 

本作と『裸のマハ』は画家の重要なパトロンのひとりで、権力を手にしてから皇太子や民衆を始め様々な方面から非難を浴びせられた宰相ゴドイが所有しており、その為、一般的にはこの2作品は宰相ゴドイが制作を依頼したものだとする説が採用されています。

 

f:id:akai_hideki:20190108120633j:plain

 

『裸のマハ』と同様の姿勢・構図で描かれる本作でありますが、『裸のマハ』との最も顕著な差異は、マハは当時スペイン国内の貴婦人が愛用し流行していた異国情緒に溢れたトルコ風の衣服に身を包み、化粧も整えている点です。

 

本作のモデルについては古くからアルバ公爵夫人マリア・デル・ピラール・カイェタナとする説が唱えられていますが、画家が残したアルバ公爵夫人の素描や肖像画の顔と比較し、あまりに異なる点があるため否定的な意見を述べる研究者も少なくなく、現在では宰相ゴドイの愛人ペピータとする説なども有力視されています。

 

 

ではまた。

阿加井秀樹

 

 

ヨハネス・フェルメールの「婦人と召使」

 

みなさんこんにちは。阿加井秀樹です。

 

今回はわたくし阿加井秀樹が好きな画家の作品についてご紹介していきます。

その画家はヨハネス・フェルメールです。真珠の耳飾りの少女で非常に有名な画家ですが、今回はそれではなく「婦人と召使」という作品について触れていこうと思います。

 

f:id:akai_hideki:20190104170429j:plain

こちらがお馴染みの「真珠の耳飾りの少女

 

本作の主題は、優雅な女主人と女中が、受け取ったばかりの手紙に2人で目を通しているところです。フェルメールの作品は、この絵画にみてとれるように複数のキャラクターを扱うことで有名です。

 

本作品では、女主人の優雅なファーライン付きオーバーコートを黄色で、また、女中のエプロンと絹のテーブルクロスを青色で大胆に描くなど、フェルメール特有の技法が披露されています。

 

f:id:akai_hideki:20190104170109j:plain

 

家仕事が題材となっており、注目すべき点は、日常の活動が描かれていることです。フェルメールは女性を含めた、家仕事を題材にすることで知られており、黄色と青色、女性のモデル、家庭的なシーンといったものを起用することは、全てフェルメールの特徴であるとも言えます。

 

また、照明が左からあたり、女主人の顔に落ちていて、机の影は足下にかかっています。光のきらめきがとても分かりやすいが、深く心理学的には暗示を伴うそうです。

 

まだ開封していない恋文を見つめている女主人を見てみると、おそらく遠距離で誰かと関係をもっているのでしょうか。密かな一瞥とボディランゲージをして、互いに寄り添う女主人と女中の関係性もほのめかされています。女主人は唇を噛み、指先で下あごを持ち上げ探るような態度で、悲しみに暮れてじっと注視する。

 

女主人の横顔はもろくぼやけ、漠然としていることから、女性とは弱く愛らしいという考えが意図的に表現されているのではないでしょうか。

 

 

ではまた。

阿加井秀樹